ダイエット ベジファースト 効果

MENU

野菜を一番最初に食べるだけという簡単なベジファースト

野菜を一番最初に食べるだけという簡単なベジファースト。本当は炭水化物は最後にするとか色々なルールがあるらしいのですが、私は最初に野菜を食べるというところだけ実践しています。

 

そして、できれば生野菜を食べること。それもコンビニのサラダやカット野菜ではなく、自分で切った野菜を食べることにしています。といっても難しいことではなく、例えばもろきゅうだけとか。それも味噌マヨをつけて食べちゃいます。こんな感じで本当にゆるくやるようにしていますよ。

 

きっかけは体調を崩してしまったこと。やっぱり野菜を食べなくちゃ、どうせ野菜を食べるならベジファーストをやってみようかな。そんな気軽な感じで始めました。にも関わらず、どんどん痩せていったんです。

 

今まで色々ダイエットはしてきたのですが、なかなか頑固に体重が落ちなかったので、こんなにあっさり落ちるとは本当に驚いてしまいました。

 

ベジファースト、私はコンビニサラダやカット野菜を制限していますが、制限していなければもっと手軽だと思います。飲食店もサラダを出しているところはとても多いので、外食でも困ったりしないので続けやすいのも良いところですね。本当に簡単なのに効果があるので、とてもおすすめです。

 

 

体重を毎日計るだけダイエット

運動が苦手なので、楽して痩せたいとネット検索をたくさんして、体重を計るだけダイエットを見つけました。

 

毎日だいたい同じ時間に体重を計ってグラフにしていく。体重が増えれば自然と食事量を節制するようになって、自然と痩せていくというものです。ただ書くだけで痩せられるならこんな楽ちんなダイエットはないと思いました。

 

開発した人の思惑通り、ちゃんと罪悪感を持って食事量が減らせるのだろうか?と半信半疑で始めましたが、わたしは記入を始めて、一週間で500グラム減りました。グラフにしていくことで、減れば嬉しくなり明日も頑張ろうと思えるのです。

 

運動はまだやる気が起こらないので食事をちょっと我慢する。極端に食べないのではなく、口寂しいと思っていた時にチョコチョコ食べていたお菓子を一日2回までにしようと決めてたべる。食べないのは辛いからちょっと抑えるくらいの気持ちだったので、辛いと思わず続けられました。

 

しかし、3週間が経った頃、停滞期がやってきました。

 

減らないどころか増える事もあって、グラフに記入するのが嫌になりました。停滞期を越えたらまた減っていくというのはわかっていましたが、いつまでこの停滞期が続くのかわからないこともあって、体重をってグラフに記入することが嫌になってきました。減らないことがストレスになって測る事もいやになって1ヶ月半でやめてしまいました。

 

関連ページ

ぜい肉を燃やすのを促進するタイプ
ぜい肉を燃やすのを促進するタイプはもちろん…。
ダイエットサプリは飲み続ければシェイプアップできる
ダイエットサプリは飲み続ければシェイプアップできるといった魔法のような薬ではなく…。
体脂肪は一日で出来上がったものでは
体脂肪は一日で出来上がったものではなく…。
現在の食事をシェイクやリゾットなどのダイエット
現在の食事をシェイクやリゾットなどのダイエットフードに入れ替えるだけの置き換えダイエットは…。
人々に受け入れられるダイエット方法にも
人々に受け入れられるダイエット方法にもトレンドというものがあり…。
ダイエットの時は否が応でも減食する
ダイエットの時は否が応でも減食するため…。
たくさんのモデルの人たちも。
たくさんのモデルの人たちも…。
ダイエットの能率化に肝心なのは?
ダイエットの能率化に肝心なのは…。
下半身デブと言われた
ダイエットにはベジファーストの効果がすごかったんです。ダイエットをしてもなかなか痩せないという方はベジファーストを試してみてください。